冬は絶対に油断できない乾燥肌の保湿対策

乾燥肌の保湿対策

夏場はオイリー肌の女性でも、何故か冬になると乾燥肌になってしまうということもあるように、女性の肌質は季節によっても変わるようです。
そんな冬の乾燥肌はどう対策をすれば良いのでしょうか。

 

乾燥肌とはいったい?

 

乾燥肌とはカサついた肌を持っている女性を指しますが、色々な意味でも使われるようですね。
湿度が低下し、カサついてくると、保湿ケアを思いつきますが、スキンケアだけではダメなのでしょうか?秋冬にお肌が乾燥するのは暖房がきいているせいでもありますから、暖房を入れる場合は加湿器も一緒に動かすようにすると良いでしょう。
ただでさえ乾燥肌の人が冬の寒空を歩くとなると、よほどの保湿ケアが必要になりますから、乾燥肌の女性は注意が必要です。

 

 

乾燥肌の原因とは

 

実は乾燥肌は食に結びついていることが多いのです。
言い換えれば食生活を変えれば、乾燥肌が治る、ということでもありますね。
お肌の水分保持力はせらみどなどが持っていますが、健康な肌は充分な栄養から作られます。
ですから、栄養バランスの取れた食事が必要なのです。
極度なダイエット、偏食や欧米型の食事ばかりしていると、どうしても栄養が偏りがちになり、乾燥肌を促進してしまうのです。

 

特に脂質は乾燥肌には必要です。
必須脂肪酸と呼ばれる、体内で作ることができない脂肪酸がありますが、それがオメガ3脂肪酸と呼ばれています。
必須脂肪酸は細胞の生まれ変わりに必須なので、必須脂肪酸が不足すると、肌のターンオーバーにも影響が出てきます。

 

肉や血になるタンパク質をたっぷり摂っていても、必須脂肪酸がなければ作ることができないのです。
特にオメガ3脂肪酸というものは重要で、サーモンやサバ、イワシなど魚介類に多く含まれますから、今一度食生活を見直す必要がありそうですね。

 

 

保湿対策はどうする?

 

冬になると保湿対策を考え始める女性が多いですが、実際行っている保湿対策はあっているのでしょうか?スキンケアを充実させたり、ボディケアを丹念に行っていても、それが間違っていれば意味がありませんからここでチェックしていきましょう。

 

まずスキンケアですが、洗顔後はすぐに化粧水をつけ、クリームを馴染ませます。
お風呂から出てすぐのことなので、裸のままつけることになりますが、一刻も早く乾燥から肌を守るにはそうなります。
プレ化粧水をひとまずスプレーしておいて、その後ゆっくりスキンケアに時間をかけるという人もいるかもしれませんが、その場合は脱衣所に加湿器を置くようにしましょう。
プレ化粧水だけではやはり乾燥してしまいます。

 

さらにボディケアは皮膚の薄い敏感部分からケアしていきましょう。
デコルテや腕、指先、足などの順番になります。
ボディケアにはテスクチャー重視でも良いですが、保湿性が高いものを選びましょう。
ホホバオイル、スクワラン、シアバターなどがあります。
これらを使ったアイテムを使って毎日ボディケアすることによってしっとり素肌を保つことができます。

 

 

保湿ケアが乾燥肌に良い理由について

 

乾燥肌の女性は、夏場でも特に保湿についてはしっかりケアしておきたいものです。
しかし冬になるとさらにそれに比重を増すことになります。
スキンケアはしっかりしっとりテスクチャーも重めのものになるでしょうし、クリームよりオイルになるかもしれませんね。

 

まずは食事からチェックしてみると、新陳代謝が活発になる食品を食べることが望ましいですね。
新陳代謝が活発になれば、それだけ新しい肌が生まれ変わり、潤いがキープできるということになります。
レバーやウナギ、イワシや緑黄色野菜など、さらに大豆や納豆などを副菜として食べるようにしましょう。
またビタミンは抗酸化作用があり、体内でコラーゲン生成を促してくれますから、たっぷり摂りましょう。
よく知られているところでビタミンCの柑橘類のレモンや果物などは、コラーゲン生成に関係していますから、毎日1つは食べたいですね。
さらにゴマやナッツ類なども肌の新陳代謝をアップさせてくれます。
お肌に良い食材はたくさんありますから、その中から続けやすいものを選ぶと良いでしょう。
または週代わりで食べるのも良いですね。
亜鉛やαリノレン酸など、特に摂るのが難しいものは意識して食べるようにしましょう。

 

 

しっかり保湿を行いたいなら、スキンケア中のシートパックもオススメです。
もっているコットンに化粧水を染み渡らせ、それをコットンパックとして使うのも有効です。
しかし注意が必要な点が1つあり、コットンが乾ききらないうちにパックを終えることです。
長時間パックし続けてしまうと肌がふやけ、保湿成分が流れ出してしまう可能性があります。
スキンケアでは化粧水をつけた後、しっかり保湿対策として乳液やクリームでフタをしましょう。
これをしなければ水分は蒸発し、乾燥肌が進みます。
皮膚科を受診するほどの乾燥肌の女性はワセリンを使うと良いでしょう。
昔から乾燥対策として手荒れなどに使われていた実績もあり、大変優秀なコスメなのです。